閉じる

ジェネリック医薬品

豊田織機健康保険組合では、医療費抑制対策の一環としてジェネリック医薬品の利用促進を奨めています。
(厚労省のジェネリック利用率目標70%)

医療費が毎年増大する中、医療費の抑制に繋がると期待されているのが「ジェネリック医薬品」。新薬からジェネリック医薬品に変更することでみなさんの家計にもやさしく、さらに医療費の削減にも大きな効果が期待できます。ジェネリック医薬品のメリットを正しく理解し、医療費の削減に是非ともご協力をお願いいたします。

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に発売される医薬品のことです。新薬と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつ医薬品ですが、開発費が抑えられるため、低価格で提供することができます。

ジェネリック医薬品を選択するとこんなにお得

  • ※上記は薬代のみの参考値です。実際に窓口で支払う金額は薬代に調剤技術料や薬学管理料などが加算されます。

ジェネリック医薬品を希望するときは?

健保組合で用意している「お願いカード」や「意思表示シール」を利用していただくと、ジェネリック医薬品を処方してほしいという意思を医療機関や調剤薬局へ簡単に伝えられます。

カードとシールは健保組合に在庫がありますので必要な方はお問い合わせください。

処方せんの「変更不可」欄をチェック

現在の処方せんは、薬ごとにジェネリック医薬品への変更の可否を明示するようになっています。
また、薬の商品名ではなく一般名処方※であれば、薬局でジェネリック医薬品を選ぶことができます。

  • ※一般名処方とは、医師が処方せんに薬の商品名ではなく、有効成分名を記すことをいいます。
    一般名処方の場合、医薬品名の前に【般】の表示がされることがあります。

ただし、薬の種類、治療方針によってはジェネリック医薬品に変更できない場合もありますので、かかりつけの医師にご確認ください。

また、いきなりジェネリック医薬品に切り替えるのは心配という方には、処方された日数を分解することも可能です。たとえば、1ヵ月分のうち、まず1週間だけ調剤してもらい、その後問題がなければ残りの3週間分を調剤してもらうことができます(分割調剤)。

ジェネリック医薬品を調べるには?

いろいろなHPから無料で検索できます。新薬を選択すれば、それに変わるジェネリック医薬品を探すことが可能です。

ジェネリック医薬品検索・試算のGenecal(ジェネカル)についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
Genecal(ジェネカル)運営チーム担当:平井、田辺
〒336-0021 埼玉県さいたま市南区別所7-2-1
TEL:048-865-8989(不在時は、転送先で応対致します。)

PAGETOP